ハイジニーナ 脱毛 注意点

ハイジニーナの脱毛コースの注意点

 

このように見た目からも衛生面からも必要性の高いハイジーナ脱毛です。が、実は脱毛エステでは必ずしも扱っているわけではありません。

 

「両ワキ」「腕」「ヒザ」「背中」などとコースをチェックしていくと、「Vライン」はあっても、「Iライン」「Oライン」はないことも多いのです。

 

Vラインの脱毛は、布が小さめの水着姿になるときは絶対必要になります。大人気の脱毛部位なので、外している脱毛エステやエステサロンはないでしょう。

 

が、Iライン、Oラインは扱っていないところも多いのです。

 

というのは、皮膚がほとんど粘膜に近く、トラブルも起きやすいのです。ですから、自信のないところは、避けているのです。

 

また、Iライン、Oラインを扱っているところでも、「全身脱毛コース」には含めないのが普通です。それだけ、特別な配慮が必要な場所なので、料金も別枠になっているのです。

 

「なんだか、大変だなぁ」と思い始めた人もいるかもしれません。が、大丈夫です。人気の脱毛エステやエステサロンの中に、ちゃんとハイジーナの部位、三か所全部扱っているところがあるのです。

 

たとえば、「脱毛ラボ」。お店は関東中心ですが、大阪や福岡にもあります。

 

ハイジーナという名前は使っていません。が、三か所とも個別のコース設定があります。

 

あるいは「ピュウベッロ」。三か所まとめての「ハイジニーナコース」があります。こちらも北海道から広島までの主要都市にはお店があります。

 

どちらも無料カウンセリングが用意されています。まずは説明を受けてみましょう。